【Blender Addon】Real Environmentsでリアルな地形を作る

ネコニウム研究所

PCを利用したモノづくりに関連する情報を掲載するブログ

【Blender Addon】Real Environmentsでリアルな地形を作る

2022-5-3 |

Blenderで「Real Environments」というアドオンを使ってリアルな地形を作りたい!

概要

この記事では、Blenderで「Real Environments」というアドオンを使ってリアルな地形を作る手順を掲載する。

仕様書

環境

  • Blender 3.1.2
  • Real Environments 2.0

手順書

「インストール編」と「使用方法編」の2部構成です。

インストール編

  1. 「Edit」->「Preferences」の順にクリックする。
  2. ダイアログが表示されるので「Install」をクリックする。
  3. ファイルを選択するダイアログが表示されるので「Real Environments.zip」を選択して「Install Add-on」をクリックする。
  4. 前のダイアログに戻る。「Lighting: Real Environments」にチェックを入れて、ダイアログを閉じる。

使用方法編

  1. 板ポリゴンを追加する。「Add」->「Mesh」->「Plane」をクリックする。

    上図の空は、Turbidityが100%に設定されてて、工業地帯の2倍ほど大気汚染してしまってる空になる。
  2. 左下の「Add Plane」をクリックする。
  3. 「Size」に2000と入力する。
  4. 編集エリアの右の<をクリック、または、ドラッグして左に引っ張る。
  5. 右の縦並びのタブの中にある「View」をクリックする。「View」->「End」に1000000と入力する。
  6. 右の「Camera(緑のアイコン)」をクリックする。「Lens」->「Clip」->「End」に1000000と入力する。
  7. 「Plane」を選択する。「Modifier Propertiesアイコン」->「Add Modifier」をクリックする。
  8. 表示されたポップアップメニューの中にある「Subdivision Surface」をクリックする。
  9. 「Adaptive Subdivison」にチェックを入れる。
  10. 「Edit Mode」に変更する。「Plane」が選択された状態で右クリックする。
  11. 表示されたポップアップメニューの中にある「Subdivide(細分化)」をクリックする。
  12. 「Plane」が細分化され、2x2の状態になる。
  13. もう一度、前述の手順で「Subdivide(細分化)」を行う。「Plane」が更に細分化され、4x4の状態になる。
  14. 「Object Mode」に戻る。「Viewport Shadingアイコン」をクリックする。
  15. 右の縦並びのタブの中にある「Real Environments」をクリックする。表示されたエリアの「画像の部分」をクリックする。
  16. 「Desert」をクリックする。今回は砂漠を描写してみる。
  17. 「Plane」が選択された状態で、「Add」をクリックする。
  18. 「Plane」に砂漠が描写される。が、暗い。
  19. 光源を設定する。「Light」の行の「Light(太陽の形)アイコン」をクリックする。「Light」->「Sun」をクリックする。「Strength」に5と入力する。

地形のカスタマイズ

上のタブの中にある「Shading」をクリックする。「Plane」を選択する。
各ノードの値を変更することで地形をカスタマイズすることができる。

サンプル

下図は「Real Environments」で砂漠を、「Real Sky」で空を描写したサンプル。

まとめ(感想文)

引用・参考文献

「Real Environments」と「Real Sky」はBlender Marketで購入できるよ!(2022年4月29日の時点でどちらも$20)