【Blender】3D Viewportでカメラ移動ができない(めちゃ遅い)問題

ネコニウム研究所

PCを利用したモノづくりに関連する情報を掲載するブログ

【Blender】3D Viewportでカメラ移動ができない(めちゃ遅い)問題

2022-8-16 |

Blenderの3D Viewportでカメラ移動やズームインなどの操作ができない(めちゃ遅い)問題を解決したい!

概要

今回の記事では、Blenderの3D Viewportでカメラ移動やズームインなどの操作ができなくなる(めちゃ遅い)問題の原因と解決する手順を掲載する。

Blender(Unityとかでも)で作業をしてると3D Viewportのカメラの移動が遅くなり過ぎて、思い通りにカメラ移動できなくなることがある。特に様々なスケールのオブジェクトがあるプロジェクトで発生しやすい。

仕様書

環境

  • Bldener 3.2.2

原因

この問題は、カメラの注視点に近づき過ぎてるのが原因なので、注視点を修正(変更)することで解決できる。

手順書

今回は、特定のオブジェクト(例えば編集したいオブジェクト)に注視点を設定することでこの問題を解決する。この手順以外にも「オート深度」のオプションを使って問題を回避する方法もある。

  1. 注視点を設定するオブジェクトを選択する。
  2. 「3D Viewport」の「View」->「Align View」->「View Lock to Active」をクリックする。

まとめ(感想文)

この問題というか症状は3D関連のアプリケーションで発生しがち。