【Unity】URPに対応していないアセットを対応させる

ネコニウム研究所

PCを利用したモノづくりに関連する情報を掲載するブログ

【Unity】URPに対応していないアセットを対応させる

2022-8-17 |

UnityでURPに対応していないアセットをURPに対応させたい!メッシュやマテリアルがピンク(紫?)になってしまってるのを直したい!!

概要

今回の記事では、UnityでURPに対応していないアセットをURPに対応させる手順を掲載する。

サンプルのアセットとしてSbbUtutuyaさんのJapanese School Classroomを使わせていただきます。

仕様書

環境

  • Unity 2021.3.3f1

手順書

URPのテンプレートを使ったプロジェクトでURPに対応していないアセットが使われたSceneを読み込むと下図のように、モデルのテクスチャなどがピンク(紫?)なってしまってる。Projectのサムネイルも同様にピンク(紫?)まみれ。

この問題は、レンダーパイプラインをURPに対応したものに変換すれば解決できる。

下記は、プロジェクトに読み込まれてるアセットのレンダーパイプラインなどをURPに対応したものに変換する手順です。

  1. 「Window」->「Rendering」->「Render Pipeline Converter」を左クリックする。
  2. Render Pipeline Converterのダイアログが表示される。上のコンボボックスで「Built-in to URP」を選択する。下のリストの「Rendering Settings」「Material Upgrade」「Material and Material Reference Upgrade」「Readonly Material Converter」の全てにチェックを入れる。
  3. 左下の「Initialize Converters」を左クリックする。
  4. 「Rendering Settings」のリストに全てチェックを入れる。「Material Upgrade」のリストはデフォルトでチェックが入ってる。アセットによってリストの内容が変わるので、必要なものに全てチェックを入れる。
  5. 右下の「Convert Assets」を左クリックする。
  6. しばらくするとアセットが変換されて、Sceneのモデル、Projectのサムネイルが正常に表示される。

まとめ(感想文)

大体のモデル関連のアセットはこの手順でURP対応できようになる。

教室の中からの画像。

すごく良い感じ。

引用・参考文献

下記のアセットをサンプルとして使わせていただきました。ありがとうございました。

SbbUtutuyaさんは今回のアセットも含めて他も高品質なアセットを販売・公開されていらっしゃいます。要チェックです!