【Visual Studio 2022】パッケージソースにnuget.orgを設定する

ネコニウム研究所

PCを利用したモノづくりに関連する情報を掲載するブログ

【Visual Studio 2022】パッケージソースにnuget.orgを設定する

2022-9-13 |

Visual Studio 2022でパッケージソースにnuget.orgを設定したい!System.Data.SqlClientがダウンロードできない!?

概要

今回の記事では、Visual Studio 2022でパッケージソースにnuget.orgをする手順を掲載する。

別のPCで作ったプロジェクトを起動したら、なぜかSystem.Data.SqlClientNuGetできなくなった!
パッケージソースにnuget.orgが設定されてないので、System.Data.SqlClientを見つけることができないのが原因。っていうか、nuget.orgの設定ってデフォルトじゃなんでしたっけ?

仕様書

環境

  • Microsoft Visual Studio Community 2022 (64ビット) Version 17.2.6

手順書

  1. 上のツールバーの「プロジェクト」->「NuGetパッケージの管理」を左クリックする。
  2. 右上の「歯車のアイコン」を左クリックする。
  3. 左が「NuGetパッケージマネージャー」->「パッケージソース」担ってることを確認する。右上の「+」を左クリックすると「パッケージソース」に行が追加されるので、その行を選択する。「名前」にnuget.org、ソースにhttps://api.nuget.org/v3/index.jsonとそれぞれ入力して右の「更新」を左クリックする。最後に「OK」を左クリックする。

まとめ(感想文)

最近、出張先で別のPCで作業することが多いんだけども、PCが変わるといろいろ設定を調整することが多い。