【MagicaVoxel】randコマンドを使ってランダムな色を塗る

ネコニウム研究所

PCを利用したモノづくりに関連する情報を掲載するブログ

【MagicaVoxel】randコマンドを使ってランダムな色を塗る

2022-2-18 |

MagicaVoxelでrandコマンドを使ってランダムな色を塗りたい!

概要

この記事では、MagicaVoxelでrandコマンドを使ってランダムな色を塗る手順を掲載する。

仕様書

環境

  • MagicaVoxel 0.99.6.4

手順書

  1. 色を塗りたい範囲を選択する。(選択しない場合はモデルの全てのボクセルに色が塗られる)
  2. エディター下部のconsoleに下記を入力する。
    rand 226 232

  3. Enterを押すとrandコマンドが実行されてモデルにランダムな色を塗られる。

解説

randコマンドのフォーマットは下記のとおりです。

rand [min max]

minmaxで塗る色の範囲をColorIndexで指定する。min番目からmax番目の範囲のインデックスの色が使用される。minmaxの値が逆でも動作に問題なかった。

インデックスの数値は、該当の色の上にマウスを乗せるとconsole上にに表示される。

randコマンドを実行する度に新しいランダムなパターンで色が塗られる。

まとめ(感想文)

木の葉の色にこのrandコマンドを使って色を塗ってる作例をよく見ます。
複雑な色作るのに便利かもね!

引用・参考文献

Consoleのコマンドは公式サイトの下記のページで確認できます。

MagicaVoxel - Commands