【CentOS7】gitをインストールする

ネコニウム研究所

PCを利用したモノづくりブログ

【CentOS7】gitをインストールする

2021-11-26 | ,

CentOS 7 に git をインストールして、Windows から push やら pull やらをしたい。

環境

サーバー側

  • CentOS Linux release 7.9.2009 (Core)
  • git version 1.8.3.1

クライアント側

  • Windows 10 Home Version 21H1(OS ビルド 19043.1348)
  • git version 2.23.0.windows.1

手順書

サーバー側の手順

Git をインストールする

sudo yum install git

Git で使うグループとユーザーを作る

root で下記のコマンドを実行する。

groupadd gitusers
useradd -g gitusers gituser
passwd gituser

リポジトリを保管するディレクトリーを作成する

su gituser
sudo mkdir -p /var/lib/git
sudo chown -R gituser:gitusers /var/lib/git

リポジトリを作成する

sudo cd /var/lib/git
sudo mkdir test-repo.git
sudo cd test-repo.git
sudo git init --bare --shared

クライアント側の手順

リモートリポジトリからクローンする

git clone gituser@<ip-address>:/var/lib/git/test-repo.git test-repo

下記のメッセージは、「リポジトリが空だよ!」っていう警告です。今回は無視していい。

warning: You appear to have cloned an empty repository.

上記のコマンドが正常に事項されると C:\Users\<USERNAME>\testrepo が作成される。このフォルダの中にフォルダ .git が作成されていることを確認する。

エラーの例

下記が表示された場合は、サーバーのパスの指定が間違っている可能性がある。特に IP アドレスとパスの間の : を忘れていないか注意!

fatal: 'test-repo.git' does not appear to be a git repository
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

下記の場合は、Git 用に作ったユーザーのパスワードを間違ってる。

Permission denied, please try again.

push してみる

test-repo の中にファイル README を作成して push してみる。

cd test-repo
git add README
git commit -m 'Add README'
カテゴリー「プログラミング覚書」の最近の記事
タグ「CentOS7, Git」を含む最近の記事