【CentOS 7】PHP 7 をインストールする

CentOS 7 に PHP 7 をインストールする手順のメモだよ!

WordPress や Laravel の新しいバージョンを使いたい場合、必要な処理です。

環境

  • CentOS 7.7.1908
  • PHP 7.4.3

手順

  1. Remi リポジトリを yum に登録する

yum install epel-release
wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
rpm -Uvh remi-release-7.rpm
rm remi-release-7.rpm

  1. repo ファイルを編集する

vim /etc/yum.repos.d/remi-php74.repo

/etc/yum.repos.d/ の中に remi-php7*.repo というファイルがバージョン毎にあるので、インストールしたいバージョンのファイルを任意のテキストエディタで開く。
テキストエディタは、vim でも nano でも VSCODE でも何でもいいです。
上記の例は、PHP 7.4 を vim で開く。

[remi-php74]
name=Remi's PHP 7.4 RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php74/$basearch/
#mirrorlist=https://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php74/httpsmirror
mirrorlist=http://cdn.remirepo.net/enterprise/7/php74/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

ハイライトされている行を enabled=1 に変更し、ファイルを保管する。

※ 実際の行番号は上記と異なる

  1. yum から PHP をインストールする

yum install php --enablerepo=remi,remi-74

  1. PHP のバーションを確認する

php -v

下記の様に目的のバージョンが評されていれば完了です。

PHP 7.4.3 (cli) (built: Feb 18 2020 11:53:05) ( NTS )

お疲れさまでした!

トラブルシューティング

yum が失敗する

複数の remi-php**.repoenabled=1になっていないかチェックする。
複数のバーションを enabled=1にすると yum が失敗します。