【Ubuntu20】RAID1からRAID0に戻す

ネコニウム研究所

PCを利用したモノづくりに関連する情報を掲載するブログ

【Ubuntu20】RAID1からRAID0に戻す

2022-3-8 |

Ubuntu20でHDDの構成をRAID1からRAID0に戻したい!

概要

この記事では、Ubuntu20でHDDの構成をRAID1からRAID0に戻す手順を掲載する。

仕様書

環境

  • Ubuntu 20.04.3 LTS

手順書

RAID1を解除する

  1. sudo fdisk -lコマンドを実行して接続してるディスクの一覧を取得する。一覧からRAID1を構築してるディスク(dev/sd*みたいな感じ)とRAID環境(dev/md*みたいな感じ多分)を確認する。この手順書では、RAID1を構築してるディスクを/dev/sda/dev/sdb。RAID環境を/dev/md0として説明する。
  2. sudo umount /dev/md0で対象のHDDをアンマウントする。*: target is busy.と出力された場合は、一度PCを再起動する。
  3. /etc/fstabをテキストエディタなどで開き、該当の行をコメントアウトするか削除する。file system列やmount point列の値で判断できる。
  4. sudo mdadm --misc --stop /dev/md0コマンドを実行してRAIDを停止する。
  5. sudo mdadm --misc --zero-superblock /dev/sda /dev/sdbコマンドを実行して、HDDのスーパーブロックを消去する。
  6. fdiskコマンドで/dev/sda/dev/sdbのパーティションを削除する。下記は/dev/sdaのパーティションを削除する例。
    sudo fdisk /dev/sda
    # パーティションを削除する。
    d
    # 保存して終了する。
    w

RAID0として接続する

  1. sudo fdisk -lコマンドを実行して接続してるディスクの一覧を取得する。一覧からRAID0で接続するHDDのと「Disk」の値(/dev/sd*の形式)と「Disk identifier」の値(XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXXの形式)を覚えておく。
  2. fdiskコマンドで/dev/sda/dev/sdbにパーティションを作成する。下記は/dev/sdaのパーティションを削除する例。開始セクターや終了セクターの位置などを問われるが単純に1パーティションとして使うだけならデフォルトで良い。
    sudo fdisk /dev/sda
    # パーティションを作成する。
    n
    # パーティションの一覧を表示する、「Device」の値を覚えておく。
    p
    # 保存して終了する。
    w
  3. mkfs -t ext4 /dev/sda1コマンドを実行してファイルシステムを作成する。mkfs -t ext4 /dev/sdb1コマンドを実行する。
  4. sudo mkdir /hdd1コマンドとsudo mkdir /hdd2コマンドを実行してマウント先のディレクトリを作成する。
  5. sudo mount /dev/sda1 /hdd1コマンドとsudo mount /dev/sdb1 /hdd2コマンドを実行して対象のHDDをマウントする。
  6. /etc/fstabをテキストエディタなどで開き、下記の上を追記する。XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXXfdisk -lの「「Disk identifier」の値。
    UUID=XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX /hdd1               ext4    defaults          0       0
    UUID=XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX /hdd2               ext4    defaults          0       0

まとめ(感想文)

ケースによるとは思うんだけども、なんやかんやでバックアップ目的ならクラウドストレージが最強かも?ということで、RAID1を止めてクラウドストレージに移行しちゃった。

もう一度、RAID1の環境を構築する機会があったらそちらも記事にするかもね!