【Ubuntu20】.htaccessを使えるようにする【Apache2】

ネコニウム研究所

PCを利用したモノづくりに関連する情報を掲載するブログ

【Ubuntu20】.htaccessを使えるようにする【Apache2】

2022-9-5 | ,

Ubuntu20で稼働してるApacheのWEBサーバーで.htaccessを使えるようにしたい!

概要

この記事では、Ubuntu20で稼働してるApache2のWEBサーバーで.htaccessを使えるようにする手順を掲載する。

デフォルトでは.htaccessが無効になってるので、設定ファイルなどを捜査して有効にする。

仕様書

環境

  • Ubuntu 20.04 LTS
  • Apache 2.4.41

手順書

.htaccessをWEBサーバー全体(全てのサイト)で有効にする手順と一部のサイトで有効にする手順をそれぞれ掲載する。

WEBサーバー全体(全てのサイト)で.htaccessを有効にする手順

まず、WEBサーバー全体(全てのサイト)で.htaccessを有効にしたい場合は/etc/apache2/apache2.confの170行目を

<Directory /var/www/>
    Options Indexes FollowSymLinks
    AllowOverride None
    Require all granted
</Directory>

下記のように修正する。

<Directory /var/www/>
    Options Indexes FollowSymLinks
    AllowOverride All
    Require all granted
</Directory>

修正後に/etc/apache2/apache2.confを保存した後、Apache2を再起動する。

sudo systemctl restart apache2

一部のサイトで有効にする手順で.htaccessを有効にする手順

サイト毎に有効と無効を設定する場合、該当のサイトの設定ファイル(/etc/apache2/sites-available/xxx.conf)を下記のように修正する。

<VirtualHost *:80>
    ...

    <Directory /var/www/>
        Options Indexes FollowSymLinks
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>
    </VirtualHost>

<VirtualHost>タグの中に<Directory>タグを入力する感じ。

修正後に該当のサイトの設定ファイル(/etc/apache2/sites-available/xxx.conf)を保存した後、Apache2を再起動する。

sudo systemctl restart apache2

まとめ(感想文)

サイト毎に設定した方が良いかもだけど、個人的には.htaccessを使わないサイトを運用したことがないので前述の全体で有効にする手順で良いと思いけり。