【Node.js】古いプロジェクトが起動しない(パッケージなどの更新)

ネコニウム研究所

PCを利用したモノづくりに関連する情報を掲載するブログ

【Node.js】古いプロジェクトが起動しない(パッケージなどの更新)

2022-9-1 |

Node.jsで作ったプロジェクトをひさしぶりに起動しようとしたら起動しない!なんとかしたい!

概要

今回の記事では、Node.jsで作ったプロジェクトをひさしぶりに起動しようとしたら起動しない場合に試す手順を掲載する。

仕様書

環境

  • Node.js v16.13.0
  • npm 8.14.0

手順書

大抵の場合は、Node.jsやnpm、プロジェクトに含まれるパッケージのバージョンが古くなってることが原因で起動できない場合が多い。

そもそも久しぶりに起動するのにバージョンが古くなるのは当たり前で、それでなんでプロジェクトが起動できなくなるのかが良くわからない。
新しいパッケージを試したくて別のプロジェクトを作成する際にNode.jsかnpmのバージョンを上げちゃって、古いプロジェクトのパッケージのバージョンとNode.jsかnpmのバージョンが合わないみたいなことが起きてると仮説。
こういうことを防ぐためにnpmのバージョン管理(nvmとか、Pythonでいうところのpyenv的な)のアプリケーションを導入するんだろうけど、npmのバージョン管理はいろいろなアプリケーションがあって、どれを採用したら良いか分からない。

話が脱線しちゃったんだけど、とりあえず古いプロジェクトを動かせるまでの手順を掲載する。

  1. プロジェクに含まれるパッケージを更新する。
    npm-check-updates
  2. package.jsonを更新する。
    ncu -u
  3. グローバルのパッケージを更新する。
    npm i -g npm-check-updates
  4. npmを更新する。
    npm install

ここまででプロジェクトを動かせるようになった。

脆弱性(high severity vulnerabilities)の警告がめちゃくちゃ出てますが…。(今回はローカルで使うプロジェクトなので見なかったことにする)

まとめ(感想文)

私の場合は、バージョンを上げて動くようになったから良かったけど、新しいバージョンでパッケージが動かなくなることもよくあるので、npmのバージョン管理のアプリケーションを導入することを強く勧める。